ゆうキジ

AIに関わるIT営業マンでメンタルトレーナーの僕が語る成果のための働き方改革の話

出張族 営業マンの成果のための働き方改革

出張族の僕が仕事のパフォーマンスの上げ方を考えてみた

投稿日:

どうもIT営業マンゆうきばです。
ここ1週間、顧客の現場で実証実験する関係で出張・夜間作業が続いています。

今日のテーマは出張・夜勤族などのイレギュラーが多い人のパフォーマンスです。

転職をしてから出張が非常に多くて当然ながらリズムが壊れてしまうわけなんですよね。
そして出張という状況だと仕事の能率は上がりづらいです。
出張先でうまいもの食えるとかはうれしいことなんですけどね。

最初は出張だ。わーい!みたいな感じだったんですが
プログラミングとかブログとか働きながらやっていると
さらに厳しくなります。

ということで今回出張族の為のパフォーマンスの上げ方・質の担保の仕方について考えてみました。

ベースの考え:出張しててもブログ・プログラミング習慣は続けたい
でも仕事のクオリティは落としたくない

営業マンとして普段会社で働いている僕です。
お客さんの都合により優先順位等も変わりやすいです。

ただでさえ変わりやすい中で出張も多いとなるとリズムが変わるわけです。
でも僕としてはせっかくブログやプログラミング等が習慣化してきたので続けたいんですよね。
経験的に一度習慣を止めてしまうと戻すのが大変です。

ブログは昨日で30記事目を迎えまして、毎日更新習慣が身についております。
プログラミング学習も1か月たちまして、4月中はドットインストール1日6動画分は自分で書いて実践しながらやるという習慣が続いております。

今まで物事が習慣化しなかった自分としてはかなり奇跡的な状況でして
なんとかして出張。今回はほぼ夜勤に近いという状況でも継続したいという気持ちです。

習慣化とはこういうことなんでしょうね。やるのが当たり前という状態になってきました。
まずは前進したと思います。

かといって仕事をてきとうにやりたいかというとそういう人間でもないので
出張や夜勤というイレギュラーをちゃんとこなしつつ習慣は継続したいわけです。

その前提を達成するために有効そうなことを実践した結果をお伝えします。

イレギュラーの中での普段と同じ環境を作る

僕は今札幌でこの記事を書いています。
普通にしていればせっかく来たので遊ぼうとかゆっくり寝ちゃおう・うまいもの食おうみたいになります。それで全然いいのですが習慣を外したくない僕にとっては致命傷でした。

しかも今は夜勤に近い状態の為昼夜逆転している状況です。
でも習慣を実行しなくてはいけない。ではどうするか。

一番は普段となるべく同じような環境を作ることです。
僕の場合、いつもいっているスターバックス(場所は全然違いますが)
に行き作業するというやり方です。

チェーン店の場合、土地が違っていても似たような服と接客スタイル
同じような座席ということが多いわけですから普段と同じ空気感を作れます。

普段スターバックスで行く。作業するという習慣がみについているので
自分の中で東京で作業するのと同じ感覚を作ることができました。

いつもと同じなんじゃないかと錯覚する為には十分ですね。
普段ここで作業とか決まっている人はぜひ出張先で取り入れるのをおすすめします。

営業の仕事でも一緒だと思います。明日の仕事を整理する時間をとっているとか習慣化している人は
なるべく同じ普段と同じ環境を作ってあげるだけで全然違います。

仕事の切り分けをしておく 移動時間・通信・電源環境を考慮する

また出張時大きく違うのは移動時間・通信・電源環境です。

出張だと移動時間が相応にかかります。
普段せいぜい1時間から2時間でも、出張の場合それ以上ということも多いです。
移動時間にしやすい仕事って少ないんですよね。

飛行機だと連絡とかはほぼ難しいです。飛行中WiFiをJAL・ANAは通してくれますが飛ぶ前は一回機内モードにしなくてはいけないとか制限があります。

新幹線はできることもありますが、トンネルとか入ると通信ほぼさせてもらえなかったりします。
資料作っている途中に共有ファイル開けなくなって悶絶するとか出張多い人は経験あるはずです。

また電源環境も十分でないことも多いです。飛行機だとまず国内線はついてませんし、新幹線もついているものとついてないものがあります。新幹線の場合ついてたとしても窓側の席の人じゃないと使えない(なんで?笑)みたいなことがありますよね。

ですので移動時間と通信と電源環境を加味した設計にする必要があります。
いっそのこと移動時間は休憩時間として割り切ってしまった方がストレスもたまらず
いいかもしれません。

事前にわかっている仕事は切り分けをしておきましょう。
例えばですが

移動前(通信電源万全):

・作成する資料の素材のPC本体への保存。
・スケジュール調整等連絡しておいた方がいいお客さんにはなるべく連絡をしておく。
(連絡をためない)
・依頼するべきことは先に依頼しておくその他インターネット環境で準備した方がいいこと
(ITならツールの設定など)

移動中(通信電源不安定):お客さんに送信する資料・メールの下書き作成。

移動後:(ホテル等通信・電源の十分な場所の確保した上で)

・資料を完成版への修正と送信。
・下書きメールを訂正して送る

というような感じです。

ちなみにMacとかお使いの方はリンクにも貼っているようなモバイルバッテリーを使うと電源問題はある程度解消します。添付のやつだと十分じゃないですが、モバイルバッテリーでもMacbookProを数時間長持ちさせるくらいの効果はありました。

Windowsだと電源ACアダプタの部分の規格が統一されていないのでバッテリーからつなげることがでしづらいです。無理くりつけることはできるかもですが純正ではないのでPCが壊れるリスクが高いのでやっていません。

Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー) 【PSE認証済 / PowerIQ搭載】iPhone&Android対応 マット仕上げ (ブラック)

出張楽しんでいいけど、パフォーマンスの為に自分のリズムを大切にする 特に睡眠は大事

今回の出張で特に実感したのは睡眠の大切さですね。
仕事とはいえ昼間に作業・夜間にも作業としていると非常にストレスが溜まってしまいます。
このままのリズムだと自分崩壊しそうと思いました笑

出張を楽しみたいという人も仕事をちゃんとしたいっていう人も少なくとも睡眠の時間だけは確保した方が次の日すっきり仕事とかできると思います。

イレギュラー(いつもと違うこと)の中にもレギュラー(いつもと同じこと)を入れるっていうのは大事だと実感いたしました。

-出張族, 営業マンの成果のための働き方改革

Copyright© ゆうキジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.