ゆうキジ

AIに関わるIT営業マンでメンタルトレーナーの僕が語る成果のための働き方改革の話

パートナーシップ

朝起きたら不機嫌になっていた嫁をなだめるのに頑張った話

更新日:

皆さんはパートナーさんと順調ですか?

私は順調ですが昨日は大変でした。というより前兆に対処してなかった自分も反省なんですが。

不機嫌の原因は大体気遣い感じないこと

結論から言っちゃうとこれに尽きるんじゃないでしょうか。私はなんでこんな頑張ってるのにあなたはやってくれないのってのはまずあると思いますがそれ以上に気遣いを感じないことの方がでかいんだと思います。

妻が不機嫌になった経緯は少し長くなりますし、皆さん興味は無いと思うので割愛しますが簡単に説明します。

私は少ない小遣いで(お互い小遣い制です。)やりくりの為に朝からあなたの分までお弁当を作ってるのに、家事の負担がおおきすぎる。

共働きで朝も早く出て行くの私だし、お小遣いだってあなたの方が多くもらってるのに(将来の為の投資に使いたいからと以前僕が交渉してます)って感じです。

おっしゃることはよく理解できますし、家事面は結構任せっきりだったので申し訳ないとは思いました。

ただこっちだって遅くまで働くこと多いし、遊んでるわけじゃないのにと言いたくなる気持ちを抑えてとりあえず謝って感情的にならず朝は洗濯物をたたんだりとか洗い物とかゴミ捨てとか家事を普段以上にやって仕事に行きました。

せめても気遣いの証拠を残そうと思ったんです。そしてLineで家を出て行った嫁さんから「朝から不機嫌でごめんね、帰ったら話したい」と一言

僕も「こちらこそごめんねー話そうね。」と返してとりあえずのやり取りは終了しました。

 

帰ったら機嫌直ってた

帰ったら多少の交渉ごとはあったもののものの見事に機嫌が直っていました。
なんだとー笑ただ、言いたいことは残ってて話したいことをメモにまとめてました。内容的には「私の負担が大きすぎるからなんとかして」ってものでした。

どうやら疲れもあったみたいです。
家事をやっていったのは非常に好評でした。
やっぱりちょっとしたことが大事なんですね。

皆様もいつもとは言わないですが、ポイントポイントとか
1日少しずつでも何かしら喜ぶこと・「気遣い」を体現して見てはいかがでしょうか。こっちも感情的になってしまっては結果的に損しちゃうんですよね。

男は黙って、家事(クールポコ風、古いですね笑)

きっと仕事のしやすさとか、帰ってき安らげる空間になるか変わるはずですよ。

 

 

-パートナーシップ

Copyright© ゆうキジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.