ゆうキジ

AIに関わるIT営業マンでメンタルトレーナーの僕が語る成果のための働き方改革の話

モチベーション・習慣化

どうしても疲れた時にはマインドフルネス(無心)になれる時間を作りましょう。

投稿日:

皆さんこんばんは。
日々仕事などしていてどうしようもなく疲れてしまうことってありませんでしょうか。
正直僕も昨日まさにそうでした。

平日朝プログラミングに2時間、会社で8時間仕事。行き帰りの電車でも本などで勉強。帰ってからもブログで3時間といった時間。休日も家族とのかかわり以外ほぼプログラミングやブログなどやっているとさすがに体力あるとおもっていた自分でも2週間くらい続けていると非常につかれてきました。

そこでなんとか継続的にパフォーマンスを出すための方法を研究しています。

今回の記事は普段どうしても疲れてしまった人に向けて実際にやってみてすぐ効果があったものを紹介しますので疲れたときにもらえれば幸いです。

エネルギーの基本的な考え方

短期的だけでなく、長期的視点でみると基本的には「食事×運動×睡眠」のバランスできまります。

・食事は十分か?
・運動は十分か?
・睡眠は十分か?

まずはこの3点の質問に対して自分に問いかけてみるといいと思います。

ここ最近の自分を振り返ってみると食事はそれなりにバランスよくとれていると思いますが
運動・睡眠に関してはバランスを崩しがちだったかとおもいます。

簡単にですが、ポイントを紹介したいと思います。

食事

この辺はいろんなお医者さんがいろんな理論で語ってらっしゃいますが
「基本的にはお腹が空いた時にしっかり食べる。」でいいと思います。

食事を我慢して8時以降食べないとか朝は食べないとか、昼抜いてみるとかいろんなやり方やりましたが
お腹すいた時に食べる。これが今のところ僕にはしっくりきます。お腹が空いたということは食べ物を入れるサインだと思います。

この辺はほんまでっかTVの武田先生とかも言っている内容なのでYoutubuとかでみてみるといいと思います。

ただ、疲れているからと言ってコーヒーとかレッドブルとかのエネルギー飲料飲みまくるとか甘いものたくさん食べるとかは
オススメしません。短期的には良くなった気がする時もありますがすぐ疲れが戻ったりします。
飲んでもいいと思いますが期待せずほどほどがオススメです。

野菜とかバランスよく食べましょう。それがいいかは別として野菜とか食べると健康になっている感じがするのでそっちの方が
本質な感じもします。病は気からというので。

運動

IT系で働いていると営業だと結構外に出たりしますが、エンジニア系の方だったり内勤の方だとほぼ外に出ないなんて人もいると思います。
働いて疲れて帰るともう時間もなくなって結局運動できないという人も多いと思います。

オススメは昼休みに15分でも20分でもいいので散歩してみることです。
気分転換にもなりますし、昼の後にまたリフレッシュして仕事に取り組めます。

最近本気で頑張ろういると体力は本当に大事だなと実感しています。
趣味でやっていたダンスの再開だったり、ジムに行くことを検討してます。

睡眠

睡眠もめちゃ大事です。睡眠不足だとやはり疲れやすくなりますし、集中力も途切れやすいです。

徹夜とかしてしまうと最悪で次の日まともに稼働できなくなってしまいます。
何か頑張りたい人がある人は本当にオススメしません。
毎日継続できるリズムでやるって成果を出すためには大事です。

それぞれのリズムはあると思いますが、僕の場合遅く寝ても朝は起きる体質なので12時までには寝て、
6時間くらいは寝れるようにするのがいい感じです。
理想を言えば10時、11時くらいには寝たいですけどね。そうすると5時、6時にナチュラルに起きれます。

あと結婚してからは奥さんがいると自分が遅くてよくても目覚ましとかで起きてしまうので
誰かと一緒に生活している人はその人の起床や就寝のリズムも考慮した上で睡眠リズムを組み立てるのが
オススメです。

昼もできれば昼寝をするといいと思います。
腕に顔を埋める感じでいいので、15分でも寝れるとスッキリします。
最悪目をつむっているだけでも意外とスッキリするのでオススメです。

医者の先生の本で見たのですが、人間視覚から取り入れている情報が多く
それを1分でも2分でも遮断してあげるだけでも効果があるそうです。

個人的には朝最大限集中できる環境づくりは大事ですので
それも踏まえた睡眠リズムを考えています。

自分のリズムをぜひ探してみましょう。

食事・運動・睡眠をバランスでみる

この3点はバランスなのでどれかが欠けているならどれかでしっかり補うということが
大事です。

食事が足りないなら運動や睡眠でバランスをとる。
運動が足りないなら食事と睡眠でバランスをとる。
睡眠が足りないなら食事や運動でバランスをとる。
という形です。

てか睡眠が足りなけばまずちゃんと寝ましょう。話はそこからと言っても過言じゃないです。

この辺はまたもっと具体的にまとめて別途記事にしたいと思います。

今日からできるマインドフルネス(無心)のススメ

さてここからは今日からできる僕の疲れた時のリラックス法を紹介します。

実際昨日疲れ切っていましたが今から書くことをやったら無事回復して、今まで最高の文字数(4000字越え)のブログを書けました。鍵はマインドフルネス(無心)状態をなるべく作ることです。メリハリを作るとも言えます。
結構一時期注目されたマインドフルネスですが、難しく考えずなるべく無心状態を作れる環境として考えるとうまく使えます。

専門家の方には怒られてしまうかもですが、実践的に使うにはそういう認識でいいと思います。
瞑想とかいきなりやっても逆に素人だと雑念ばかり生まれたりします。

今回は身近で自分が実際に使えたものを紹介します。今日からできるテクニックなのでぜひご活用ください。

いつもより早めにお風呂にゆっくり入る

平日はシャワーで終わりがちになっていましたし、ブログ書いてからじゃないとお風呂は入れないなんて意識もあったので
家帰って食事はしてもお風呂も後回しになって寝てしまうことがあり結局次の日の朝入るなんてことも多かったのです。

お風呂・シャワーが遅くなると睡眠の体温に下がるまでに1時間程度はかかるので睡眠が浅くなってしまいます。
早くお風呂に入るとそのあとブログ書いていい感じに睡眠できるので良いです。

さらに疲れた日にはお風呂を早めに入ってゆっくり浸かると非常にリラックスできますし
なぜか不思議といい記事のアイディアとか今後の構想が生まれたりするので非常にいいです。

お風呂に入ると内臓が圧迫されて呼吸の数は増えるそうです。それもリラックスにいいです。
意図的に呼吸を深く深呼吸などするのもリラックスにつながるので
オススメです。

いつもより入念に掃除をしてみる

これも意外と効果があって、掃除をするものはなんでもいいです。
トイレ掃除でも靴磨きでもお風呂掃除でも机を片付けてもいいです。

ポイントは、掃除をすると磨いたり綺麗にするという行為に集中できるので
意外とリフレッシュできます。
話は少しそれますが毎日お金を磨くようにしてたらお金持ちになったみたいな人もいましたね。

男性で奥さんとかと同棲とかしている場合皿洗いとか家事をいつも以上に手伝って
みると奥さんも喜んでくれるし自分も切り替えができるので一石二鳥です。

行動の合間のインターバルで遊ぶ

仕事から帰って何かをしたい場合インターバルは大事です。
これは昨日気付いたのですが、仕事終わってすぐ勉強とかしようとすると疲れたまま
勉強に入るので能率が上がりづらいです。

そこで仕事終わった30分程度ぐらいは自分のリラックスタイムと位置付けて
ほのぼのできる遊びをするといいです。

僕の場合は帰りの電車でNETFLIXとか動画サービスで30分アニメとかみる
って感じです。サザエさんとかドラえもんみたいにほのぼのして観れる系だと
リラックスしやすいです。

実は他にも、体を使ったリラックス法・マインドフルネス法などもあるのですが長くなりそうなので
また別途お伝えさせていただこうと思います。

食事・運動・睡眠。マインドフルネス(無心)は仕事のパフォーマンスにおいて深いテーマだし、
非常に有効活用した方が分野だと思うのでこれからもまとめていこうと思います。

今日もお読みいただきありがとうございました!

-モチベーション・習慣化

Copyright© ゆうキジ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.